転職談義ライジングビジョン

転職する前に絶対チェックしておきたい先輩達の成功談・失敗談

転職する上での覚悟と準備

転職するという事は、今まで慣れ親しんだ。業務や同僚、上司との別れががあります。それをまず頭に入れておかないといけません。それに給料も最初の三カ月は使用期間になるのでこれとしてパッとしない手取りになってしまいます。新しい仕事場では、どんなにほかで経験を積んでいようが最初は、新人になるので雑務を嫌な顏一つせずこなすしかなくなります。あれは嫌だこれは嫌では、新しい業務を任せてもらえるどころか、教えてもらえません。
使用期間の3カ月は遅刻、早退、欠勤はまず許されないと言っても過言ではないです。一回でも遅刻でもしようものなら、正社員になれないと思った方がいいと思います。そのくらいの覚悟を持っていどまないといけません。
転職での準備は、まず全社での経験を小出しにし、上司、先輩に対しては挨拶をはっきりと大きな声でするということ心がけましょう。入りたての新卒と同じくらいの気持ちで
雑務を笑顔でこなすのが大事です。
雑務内容は主に現場内の清掃、道具、工具などの手入れ、在庫管理をしっかりとすることです。指示がなくても細かいところをしっかりチェックしてメモしたり、上司、先輩の指示をしっかりとメモすることが必要だと思います。
これらが転職するうえでの必要な心構えと覚悟といえると思います。これらしっかり踏まえより、自分の理想の職場への転職にはいりましょう。

転職を勧めたいが勧められない

転職を考えている友人がいますが、転職を進めてもいいのか迷っています。娯楽業に従事している友人は勤続5年目になります。給料は手取りは20万以上はあり、ボーナスもあるようですが、現時点で奨学金と車のローンを合わせて700万近く残っているようです。
車は少し前に働き始めたばかりの頃から乗っていた車の調子が悪くなっていたためしばらくは買い換えないことを考えて、新車を購入したようでした。また、友人が車のディーラーとして働いていたこともあり、ノルマの貢献になればと思った節もあったようでした。
私が転職を進めている理由としてはほとんど休みがなく、勤務時間が12時間を超えて無茶なシフトで働いていることを知ったからです。今は20代なので身体に負担がそこまでないのかもしれませんが、これからも働き続けることを考えると別の仕事をした方がいいんじゃないかと思えてなりません。しかし、返済しなくてはいけないお金のことを考えると転職を簡単に勧めることができないでいます。転職は退職を伝えて転職活動をしている間が一番大変ですが、新しい環境になってみると前に職場がどうだったのか冷静に振り返ることができると思うのですが、何も言わないでいることが一番いいのでしょうか。